人気ブログランキング |

ベランダのサボテン

サボテン達も、暖かくなって色が良くなってきました……

般若
e0365077_08372571.jpg

そのトゲがないのが、ランポー玉。
我が家のは4稜の四角ランポー
e0365077_10034694.jpg

写りは何となく雪晃っぽい金晃丸
e0365077_08522610.jpg

金鯱
e0365077_08551508.jpg

内裏丸
e0365077_08560617.jpg

寄りでは何だかわからない モジャモジャ頭の(^w^)
老楽 オイラク
e0365077_08573891.jpg

小さい内から沢山子を吹く 金盛丸
e0365077_10055256.jpg

以上 5月の植物だよりでした~d=(^o^)=b


# by yume-10iro | 2019-05-07 07:29 | 草木

ベランダの草花

多肉です。

ただ今満開! ラウリンゼ
e0365077_08294758.jpg
e0365077_09465124.jpg

メキシコベンケイソウ
e0365077_08314035.jpg
e0365077_09472216.jpg

カランコエの仲間 ミラベラ
e0365077_08320331.jpg

沢山花穂がでてきました。タカラグサ
e0365077_08325666.jpg

熊童子
e0365077_08344288.jpg

エノプラ
e0365077_09490729.jpg

月兎耳 ツキトジ
e0365077_08363189.jpg

お馴染み 虹の玉
e0365077_00353843.jpg

十二の巻
e0365077_08380183.jpg

日光に白い部分がキラキラ輝く、
レデボウリア ビオラセラ
e0365077_09502248.jpg
e0365077_08400669.jpg

グラプトペタルムの仲間
e0365077_09514503.jpg

成熟するとブロンズの肌に…。ブロンズ姫
e0365077_09525611.jpg

タマツヅリ
e0365077_00371311.jpg

サボテンは次回に…。


# by yume-10iro | 2019-05-06 07:28 | 草木

ベランダの 花

寄りで撮ってみました。

シンビジューム
e0365077_08171068.jpg
e0365077_08173786.jpg

まだ頑張っています アイスランドポピー
e0365077_08183203.jpg

なぜか白ばかり増えた ゼラニューム
e0365077_08202935.jpg

最後の踏ん張り(^w^) ガーデンシクラメン
e0365077_08221510.jpg

多肉類は次回に……。

# by yume-10iro | 2019-05-05 08:40 | 草木

満開!金稜辺蘭

金稜辺キンリョウヘンとも呼ばれています。
我が家のものは、長い葉でも30㎝ほど。
葉の縁に金色のラインが入った蘭という意味ですが、
入っていないものもあります。

今年は二鉢に分けて、小さい株の方は花芽が
期待できないかと思っていましたが、
咲いてくれました。

e0365077_23172636.jpg
e0365077_01170888.jpg
e0365077_23235881.jpg

これは、日本在来種の日本蜜蜂を集める為に入手しました。
丁度これが咲く時期に、新しい女王蜂が生まれ、
自分の軍隊を連れて巣立ちます(=分蜂)。
香りは感じませんが、
その女王蜂のフェロモンに似た香りを出しているそうで、
これを利用して、野生の蜂を巣箱に呼び込む訳です。

もう、10年以上も前になりますが、色々な本も読み、
巣箱設置場所もみつけ、
自分で飼う巣箱も作りました。
3年トライして、
偵察隊は確認できましたが、集まりませんでした。
一代目の蘭は枯らしてしまい、再度充実株
になるまで辛抱強く栽培中です。

この蘭は、シンビジュームの仲間です。
丈夫で、霜が当たらなければ屋外で越冬させられます。

他の蘭同様に虫媒花ですから、
蜂達が花に入って受粉してくれるまで、
蟻が邪魔して花をかじったりしないように、
こうして一つずつ、花の茎の下から蜜を出して
気をそらすようにしているそうです。
(諸説あり)
e0365077_23363035.jpg

それから、一番先端の小さなつぼみは通常咲きません。
これは、予備の花で、全ての花が受粉しないまま花期を終えようとする場合のみ咲きます。

花は生き延び、子孫を残すために色々な工夫をしているのですね。
結して華やかな花ではありませんが、和のシンビジューム。
これからも大切に、さらに増やせればと思っています。


# by yume-10iro | 2019-04-27 07:27 | 草木

潮干狩り

潮干狩りの試し狩りに行って来ました~
横浜市の野島です。
毎年6回は楽しんでいる潮干狩り。
まぁ今日は今年初でお試し~。
などと考えつつ、いざ現地へ到着してしまうと、
戦闘モード。写真が一枚もありません。
という訳で、戦勝品だけ。
マテ貝。
e0365077_21224847.jpg
2時間で45本とお試しにしてはまずまず。
しかも、
e0365077_21242124.jpg
おっきい~d=(^o^)=b
11㎝超えもわんさか165.png

確かにお天気も良く、野島へ渡る車の通行止め
こそありませんが、駐車場へも長蛇の列が……。
駐禁の取締りに警察も出て、
「おっ、また潮干狩りシーズンがめぐって来たな」という感じ。
地盤沈下で、海に砂を入れたそうなのと、
昨年からのあさりの不漁で、私の周りも
ほとんどがマテ貝採りをしていました。

ちなみに、マテ貝採りは、
砂を10~15㎝ほど削り取り、
細長い涙型の穴が出てきたら、味塩を振り掛ける。
すると何度かニュッと斜め上に突き出てくるので
素早く掴み、抜き取る、
ゲーム感覚で楽しめる潮干狩りです。

あさりより、弱るのがやや速いですが、
砂抜きは簡単。
酒蒸しや、バター炒めなど色んな楽しみ方があり、
お味も濃厚でとても美味しいです。
今回は、佃煮にしてみようかと思います。



# by yume-10iro | 2019-04-21 07:29 | 日記

趣味のリトープスとその仲間や、つまみ細工などをのんびり書いて行きます。


by yume-10iro