お馬流しそば

横浜市の本牧(ホンモク)神社では、450年以上前から続く町の平和を願うお祭り「お馬流し」が毎年8月に行われます。
これは、茅(カヤ)で作ったお馬様(首から上が馬、胴体が亀の姿)に町中(旧本牧六ヶ村……間門、牛込、原、宮原、箕輪、台)のあらゆる災いや厄をたくし、海に流す神事で、神奈川県無形民俗文化財にも指定されています。

いつもいく、車で15分のお蕎麦やさんで、
今回はそれにちなんだお蕎麦を頂きました。
まず、運ばれて来たのが、この地区の小学生が綺麗に書いてくれた説明と、メニューのマット。
e0365077_21473655.jpg


そして、ボリューム一杯の「お馬流しそば」です。
e0365077_21504263.jpg

神事に使われるものに似せて、一つずつ丁寧に作られた天ぷらそば(冷)とお稲荷さんのセットです。
マットの説明を読みながら美味しく頂きました。

とても素朴だけれど、そこに住む人々の思いのつまった伝統行事が、これからも永く受け継がれていくことを願いたいと思います。
[PR]
by yume-10iro | 2018-05-07 07:28 | 日記

趣味のリトープスとその仲間や、つまみ細工などをのんびり書いて行きます。


by yume-10iro