2018年 11月 18日 ( 1 )

三渓園

横浜市中区の三渓園(サンケイエン)に行って来ました。

明治末から大正にかけて製糸・生糸貿易で財をなした
横浜の実業家・原三渓(本名 富太郎)が、
東京湾に面した谷合に造り上げ、1906年に開園した、
広さ約175,000㎡の日本庭園です。
e0365077_00251112.jpg

京都や鎌倉などから集められた17棟の歴史的建造物と、四季折々の美しい景観が見所となっていて、
学術上・芸術上等に優れ、平成19年には国の名勝に指定されました。

旧燈明寺三重塔(重要文化財)
築年1457年、廃寺となり1914年京都より移築
関東最古の木造建築の塔
e0365077_00324407.jpg

今回、紅葉は残念ながら見られませんでしたが、
広大なお庭はどこを見ても美しく、時間を忘れさせてくれます。

臨春閣 (重要文化財)
築年1649年、移築1917年
紀州徳川初代藩主 頼宣が和歌山・紀ノ川沿いに建てた数寄屋風書院造りの別荘建築。狩野派の障壁画など、洗練された佇まい。
e0365077_00471933.jpg

その傍にある太閤秀吉愛用の手水
e0365077_00482941.jpg

園内では四季折々の催しもあり、今は菊花展
e0365077_00500733.jpg
e0365077_00502808.jpg
e0365077_00504671.jpg
e0365077_00511685.jpg

夕暮れの大池
e0365077_00541266.jpg

心静かにじっくり廻って、大変楽しめた三渓園でした。







[PR]
by yume-10iro | 2018-11-18 07:28 | 日記

趣味のリトープスとその仲間や、つまみ細工などをのんびり書いて行きます。


by yume-10iro